ひみかの密か。

ラグナロクオンラインB鯖に生息しているアドラ/ME型ABの、役に立つんだか立たないんだか分からない考察と、どうでもいい日記。

2019年05月

こんにちは、もはや定例になりつつある、仕事サボっての更新です



まずは、夢幻週間お疲れ様でした!

精錬祭で夢幻が封鎖されていたこともあり、夢幻欠乏症に陥っていた身としては非常に嬉しかったです。
欲を言えば、夢幻は何回行っても楽しい、精錬祭と違って苦痛にならないMDなので、2週間くらいやってほしかったなーとは思います。

さてさて、そろそろ本題。



今月のラグ缶から追加された新装備、降霊術士の手鏡についてです。

まずは基本性能おさらいから。

28956
降霊術士の手鏡[1]

稀代の魔女と呼ばれたジラントが偽りの儀式を執り行う際に用いる鏡鑑。
儀式の内容とはうらはらにその鏡面に映るのは穢れ無き真実のみである。
―――――――――――――
火・風・聖・念属性攻撃で受けるダメージ - 20%
─────────────
[フェイス]の習得Lvが1上がる度に追加で
聖属性攻撃で受けるダメージ + 2%
─────────────
[降霊術士のドレス]と共に装備時、追加で
魔法攻撃で与えるダメージ + 5%
ボスモンスターのMdef 25%無視
[降霊術士の手鏡]の精錬値が8以上の時、追加で
魔法攻撃で与えるダメージ + 5%
ボスモンスターのMdef 25%無視
─────────────
[降霊術士の外套]と共に装備時、追加で
魔法攻撃で与えるダメージ + 5%
詠唱時間 - 5%
[降霊術士の手鏡]の精錬値が8以上の時、追加で
完全回避 + 20
魔法攻撃で与えるダメージ + 5%
詠唱時間 - 5%
―――――――――――――
系列 : 盾
位置 : -
属性 : - スロット : 1
Def : 80 Mdef : 5
精錬 : 可 破損 : する
重量 : 50
要求レベル : 65
装備 : 全ての職業
はい、この時点で既に中々の高性能ですね。
耐性としてはV盾とD盾の中間程度、そして降霊セットとのシナジーあり。
手鏡+8時のセット効果をまとめると、

魔法攻撃で与えるダメージ + 20%
ボスモンスターのMdef 50%無視
詠唱時間 - 10%
完全回避 + 20

手鏡の過剰が必要とはいえ、これは強い...!
ドレスとセットにすることで、ボスmobのmdef100%無視できる点もいいですね。
ちなみに、おかげでこの間買ったTWOcは死にました。一応、物理でも使える点と固定詠唱カットもあるんだよ!




まあ基本性能は置いといて、エンチャントでアルカナ付く点が良いですよね。
私のアドラーは肩の降霊外套でアルカナを付けていたのですが、それが要らなくなるというのは大きい。
要らなくなる≒竜鱗に上書き出来るってことですからね。
刺すカードに悩みますが、現状だとメデューサorタラかなあ?
シミュレーションしてみないとですが、正義c刺してdefを確保するのも良いかもしれません。



と、ここまで良いことずくめのこの装備。
ネックなのはただ一つ、値段

この記事を書いている時点で、+8手鏡のお値段は、なんと驚きの3G超え


...もうね、アホかと。馬鹿かと。
精錬祭で改良エルが大量放出されたせいもあってか、信じられないお値段ですね(おやつみたいな値段だね)



ただ、はっきり言って、あり得ないレベルの値段なんですよ。
いくらTE需要が高いといっても、未精錬の相場(400~450)を考えれば、そもそもの期待値が成立していないですからね。
未精錬の深淵ドレスが900M、+9で3.2Gなのを見てもらえれば、どれだけおかしいかが分かるかと思います。


ちなみに、元から降霊セット愛用家の私としては、非常に欲しい装備です。
ただ前述の通り、性能と比較しての値段でなく、現時点で出回っていないからというだけで現在の値段になっているため、25日~来月頭にかけて、課金常習者の給料日をまたいでくると、また下がってくるのかなーと思っています。




さて、いかがだったでしょうか。
かなり駆け足での説明になってしまったため、まとめを書いてから、そろそろ少しだけ仕事してきます。それでは!




今日のまとめ
・降霊術士の手鏡は強いの?
 →っょぃ
・コストパフォーマンスは?
 →最悪、10000%値下がるし、買い急ぐ必要がまったく無いため見送り。
 (降霊ドレスの需要自体がアドラ専門かCL大好きWLくらいです)
・アドラ視点でいうと、この装備どうなん?
 →降霊セットなら有用、ないならトイレットペーパーでおk
・いくらくらいまで下がると思う?
 →未精錬250、+8で1.2G

こんにちは、奄美地方が梅雨入りしたそうですが、本州は梅雨の足跡が近づく5月の陽気ですね。



そんな挨拶はどうでもいいとして、夢幻週間ですね!

精錬祭のおかげで3%剤が湯水のごとく使えることもあり、プライベートの予定が無い時は割と満喫出来ている感じです。



さて、本題に入りましょう。



















.....申し訳ありませんでしたああああああ


先日の記事で酷評した聖者の冠についてですが、精錬祭で+7にして、その後改良エルで無事+9まで叩くことが出来ました。これは、将来的にmdefカット装備が来ることを見越して作っただけだったのですが。

後に色々とシミュレーションした結果、従来のエデン型に比べて、チューンアップが効くようになることが判明。今の環境ではガーデン型アドラーは与ダメがかなり頭打ちになってしまうのですが、聖者型の拡張性の高さに惹かれて、少し触ってみようかなと思った次第です。

そこで、何はともあれMdefカット装備を入手することが必要になったのですが、実は、もともと降霊ドレスを使用していたので、(ボスだけですが)50%はカット済み。そこで、もう50%をドコで取るか。
そこを解決してくれる新装備があればいいのになー、でも来ないだろうなー...
→そうだ、TWOc買おう!


そんな感じで、TWOcを無事購入。ウェルスカード狙い撃ちウィークが控えてることや、新装備が今月のクジに入るかもしれないからそれまで止めておけという友人たちの制止を振り切っての購入でした。
なお、今月のクジに入る盾は(ry




で、実際に使っての感想。






ヤバイ、これ強い。




カトリへ変身できないのを不満がっていましたが、とにかくDPSの安定さが半端ない。
何より、特化が乗っている種族に対しての優位性は本当に強かったです。

真理靴との併用を狙っていたために難しくなっていましたが、少なくとも武器靴が裁きセットであれば、ガーデン型より強いと思います(mdef50%カットがあれば)。

+10に関して言えばミストレスが外せる事によりSPの消費が抑えられることや、他に差したいカードがあれば中段に刺せるようになることなどでしょうか。
状態異常耐性のジェミニや、スタン無効の超兄貴、キエル、フェンリル、深グロなど、まさに夢が広がりんぐ!



というわけで、散々Disっておきながら聖者の冠信者になったお話でした。
ガーデンの真理発動がなくなって、ものごっつ寂しいですが。


そうそう、この記事を書いている1時間後には新クジですね。
降霊とセットでmdefカットを得られるアルカナ盾、ということで中々に強そう。
現状で降霊ドレスと降霊肩をセットにして使おうなんていうのはアドラくらいのもの(WLであれば鯖肩、皿であれば超越鎧)なので、中々にマニアックな装備ですね。もちろん、TE需要などを考えれば話は変わってくるのですが。

私も、C1狙いで少しだけ引いてみようかなと考えています。
出なかったら出なかったで、zenyで解決しちゃうぞ☆



というわけで、聖者の冠sageしておいて、結局そっちに行ったというお話でした。
ちなみに、確かに強いんだけど、運用には他部位の装備が必要になってくるという点からも、一般論的に何がいいかと聞かれれば、ガーデン型をお勧めすることを付け加えておきます。



それでは、また!

↑このページのトップヘ